現在BBSはブログのコメント欄で代用しております。
お芝居のお誘い
「にょろさんって結構スリムですよね」

ですよね、ですよね、ですよね…(エコー
『体型がスリムね』と君がいったから 8月6日はスリム記念日。

バイトさせて頂いている劇団さんからお芝居の宣伝をしてきてとお願いされたのでここで宣伝させて頂きます。なお、にょろの知り合いと受付で受付で仰ってって下さればにょろ割引(笑)ということで一人2250円で入場させて頂けるそうなので、ここを見ている大きなお友達はぜひ。


朗読劇 『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』
今回のご紹介しますのは朗読劇 『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』です。
6人の女優が被爆した親子の手記を読むというシンプルな構成が初演当初から大きな反響を呼びました。
平和の象徴とされる両都市の記憶は現在どんどん風化の一途を辿っています。
世界で唯一の被爆国である私たちがその惨劇を忘れてしまっては、いったい誰が世界に原爆の悲劇を伝えるのでしょうか。
被爆者の手記が伝える母としての情愛や未来の子供たちに託す希望。忌わしき出来事を通して悲しみ、絶望し、そしてそれでもなお後世に希望を見出す人間の強さ見る者の心を揺らします。

芝居をするのは地人会という超有名劇団。
初演から22年を経った今なお色褪せない彼らのお芝居は未だに大きな反響を呼んでいます。
演じる女優は渡辺美佐子さんなどこれまためちゃくちゃ豪華な役者さん。
芝居に興味がある方なら分かると思いますが、ぶっちゃけすごい面子なんですよ……。
一緒にラジオ体操させて頂いた時は正直感動で手が震えましたw
演技力は超一流。朗読とは思えないほど声ひとつで世界観を一瞬で構築する力は芝居を見たことがない方でも芝居のファンになってしまうほどのものです。
会場は交通の便のよい有楽町にある朝日ホール。
これだけの役者・会場がそろって2250円で芝居を見れるということは、かなりありえないことなので興味のある方はお友達をお誘いの上ぜひお越しくださいませ。

なお、来場の際受付にて当日券をお求めの際、「メガネのモギリの知り合いです」と仰っていただければ割引いたしますのでぜひどうぞ。
モギリは会場入り口に二人しかいないのですぐ見つけられるかとw

<タイムスケジュール>
    7日(月)14:00~15:30  18:30~20:00
    8日(火)14:00~15:30
    9日(水)13:30~15:00
      
    お芝居は一時間半の休憩なし。
    なお芝居終了後、役者の方々とお話しする場を設けているのでぜひそちらもどうぞ。

会場は有楽町駅を下りてすぐのところにある有楽町マリオン11階の有楽町朝日ホール。
会場の地図はこちらをどうぞ



宣伝終了w
そういえば一緒にバイトに入ってる方がブルドッキッグヘッドロックの演劇部の方で驚きました。
ナイロン100℃とかも普通に担当されてたそうですよ。しかもこの前見たお芝居のスタッフだとか。まさか隣にいるとは……w

それにしても同い年なのに、すごい自分の将来に向けていろいろ考えて努力する姿を見てると会社の勉強会で爆睡してたにょろさんは恥ずかしくなるのであります(汗
というか、バイトに入ってる方は全員役者やスタッフ志望。中にはコンポラリーアートなど芸術家さんなどの志望の方もいるんですが、みんながみんなアーティスティックな感じです。
そんな人に囲まれる中で「キミはどこの志望なの?」との問いに「銀行」と答えたら眼を丸くされました。
や、そこで「私も趣味で絵を描いてます」と言える度胸があればいいのですが、真顔でどんな絵?と聞かれた後が怖いので黙ってました。というか冗談にもならない(汗

さて、明日もがんばるぞー^^
[PR]
by hiyorimi-syugi | 2006-08-07 01:57 | 日々の戯言
<< 右手が痛い 原稿終わった… >>